"Neumann" owner is eligible for upgrade plan. See "Upgrade" tab below. "Neumann"の所有者はアップグレードプランが利用できます。下の「アップグレード」タブをご覧ください。

Neumann Pro

$35.00

3列ラックのモンスター

製品コード: PM-0007P 製品カテゴリー: 製品タグ:

プロフェッショナルのために。

“Neumann Pro”は”Neumann“のハイエンドバージョンです。プロユースだけを目的に作られたこのスキンは、巨大なスペースを使用してできる限りたくさんの情報を一画面で表示するようにしました。

  • ジェネレータ、モジュレータ、エフェクタの3ラックを同時に並列表示
  • より縦方向にも広い設計で、表示できるモジュール数がアップ
  • Neumannの全機能はProにも搭載されています
  • ZebraHZにも対応します

機能の細かな部分については、Neumannの製品ページをご参照ください。

比較

“Neumann Pro”は基本的には単にNeumannのラックを一列増やして高さを増したものです。巨大なスクリーンと、GUIを描画するために相応のマシンパワーが必要になります。

Dot Eight

Size of Dot Eight1150 × 800

Neumann

Size of Neumann1270 × 850*

Neumann Pro

Size of Neumann Pro1700 × 1000*


*ZebraHZ版はさらに60px横幅が広いです。
*また、たいていのDAWはプラグインウィンドウの上部にヘッダーがありますから、それも含めてUIを表示しきるにはさらにディスプレイの縦幅が必要です!

Other Small Differences
  • CPU/MIDIメーターがヘッダーに
  • モッドマトリックスでは、アイコンに加えてラベルも表示

2 in 1のパッケージ

この製品には、通常版のNeumannも含まれています。通常の「Neumann」の方が後から気になった時に、別途で購入する必要はない点に注意してください。

アップグレード・プラン

“Neumann”の所有者は全員アップグレード・プランの対象です。どの時期にNeumannを購入したかによって、プランは2種類に分かれます。

Size of Neumann Pro

早期からのユーザー

Pro版がリリースされるよりも前にNeumannを購入して頂いた方、そんなに早くNeumannを見つけてくれてありがとう! アップグレードは無料かつ自動で行われ、アカウントのダウンロードページには既に製品が追加されているはずです。もしそれが見当たらなかったり、何らかの手違いがあった場合には、コンタクトからご連絡ください。

通常のユーザー

通常のユーザーは、$15 (=$20オフ)でアップグレードが可能です。

したがって、まだNeumannもProも購入していない方の場合は、はじめからProを購入した方が後からアップグレードするよりも$5の節約になります。

いずれの場合においても、Neumannの所有者であると認識するために、アカウントにログインしてから購入手続きをする必要があります。もしNeumannの購入時にアカウントを作成せずゲスト購入した場合は、そのアドレスで今からユーザー登録をして頂ければ、過去の購入履歴がそのアカウントに紐付けされます。

デモ版を試す

この製品には、無料のデモバージョンがあります。まれに、スキンの変更がDAWにクラッシュを引き起こす場合があります。ご購入の前にデモ版で、プリセットの巡回・パラメータの編集・設定ボタンや保存ボタンを押すなどをして、正常に動作するか確認してください。(むろん後から問題が発覚した場合にも、返品は可能です。) それから、本製品は100%の拡大率を基準に制作されています。あなたの普段のズーム設定でどのように見えるかを確かめてください。

もしMacにおいて動作がカクカクしてしまう場合には、「サポート」タブの最適化方法をお試しください。

Demo

デモ版の制限

  • モジュールが半分しか使えません。
  • 「DEMO」という透かしが画像にたくさん入っています。


インストールについて

「サポート」タブにあるユーザーガイドを読んで、詳しいインストールの情報を得てください。テーマを真に美しく表示するには、テーマだけでなくフォントもインストールしていただく必要があります!

ユーザーガイド

manual

Neumann Pro単独のユーザーガイドはなく、ほぼ同機能である「Neumann」のユーザーガイドを参照して頂いています。

クリックで閲覧、右クリックでダウンロードができます。


インストール

Mac OSX

  • 1. “Macintosh HD/Library/Application Support/u-he/Themes”と進み、テーマフォルダをドロップします(ユーザーライブラリではなく、HDライブラリである点に注意してください。)
  • 2. Zebraを開きます。
  • 3. 右上の歯車アイコンをクリックして環境設定を開き、上から3番目のタブを開くと、そこにテーマの設定があります。
  • 4. “Default Skin”の項目にて、”Neumann”を選択します。ここでNeumannが候補に現れない場合は、フォルダの配置を間違えている可能性が高いです。

Windows

  • 1. Zebraのデータフォルダの場所を確認します。通常は”C:VSTPlugins:u-he”の中に”Zebra2.data”というフォルダがあります。
  • 2. そこからさらに”Support:Themes”と移動して、そこにテーマフォルダをドロップします。これらのフォルダがない場合は、自分で新規作成します
  • 3. Zebraを開きます。
  • 3. 右上の歯車アイコンをクリックして環境設定を開き、上から3番目のタブを開くと、そこにテーマの設定があります。
  • 4. “Default Skin”の項目にて、”Neumann”を選択します。ここでNeumannが候補に現れない場合は、フォルダの配置を間違えている可能性が高いです。

Neumannはカスタムフォントを使用しているため、フォントのインストールも必要です。その詳細については、上のユーザーガイドをご覧ください。

互換性

  • Zebra v2.9 (Rev.9436以降)が必要です。
  • ZebraHZにも対応しています!! v2.9.1 (4基のCombと3基のResを搭載したバージョン)が必要です。

より詳細なサポート

もしトラブルが生じた場合は、コンタクトのページからご連絡ください。製品に関するディスカッションなら、KVRのスレッドが一番です!

Macでの最適化

Neumann Proは大量のパラメータを一度に表示するため、GUIを描画するための負荷が高まることは不可避で、特にUIズーム率が100%以外の場合にはそれが顕著です。
より限定的には、最近のMacOSでの一部環境において、動作が著しくカクカクする場合があります。そのような場合にパフォーマンスを改善させうる対策をここで紹介します。

Zebraの設定ファイルを編集する

  • ~(User)/Library/Application Support/u-he/ に移動します。
  • “com.u-he.Zebra2.Preferences.txt”というファイル(ZebraHZを最適化するなら”com.u-he.ZebraHZ.Preferences.txt”)を開きます。
  • 次のような行があるか探します:
    V_PROPERTY name=’Preference’ id=’0′ value=’AllViews:Cocoa Draw Async:NO’
  • もし見つかった場合は、NOYESに書き換えます。
  • もし見つからない場合は、どこかの行に次のように記述を書き加えます:
    V_PROPERTY name=’Preference’ id=’0′ value=’AllViews:Cocoa Draw Async:YES

これがかなり劇的にパフォーマンスを改善する可能性があります。これだけで不十分な場合、さらに次のような2行を書き加えます。:

  • V_PROPERTY name=’Preference’ id=’0′ value=’AllViews:Cocoa View Cache Bitmaps:ALL’
  • V_PROPERTY name=’Preference’ id=’0′ value=’AllViews:Cocoa View Update Strategy:SMART’

カラープロファイルを変える

  • システム環境設定アプリを開きます。
  • 「ディスプレイ」の項目を開き、「カラー」のタブに移動します。
  • プロファイルを”sRGB-“から始まるものに変更します。

こちらは多少パフォーマンスを改善する可能性があります。

リリースノート

Neumann Proのリリースノートに関しては、”Neumann“の方のページに統合してひとまとめにしていますので、そちらを参照ください。

レビューはまだありません。

“Neumann Pro” のレビューを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です